磯辺揚げサンド食べて 地元高校生販売

「いそべちゃんサンド」のチラシを手にする赤垣さん。ランタンまつり会場で販売する

 青森県野辺地町の野辺地観光物産PRセンターで2月1日、今年の「のへじ停車場ランタンまつり」が開かれる。イベントでは同町の高校生3人が、郷土料理である「豆腐の磯辺揚げ」を使ったサンドイッチの販売を担当する予定で、「おいしさを伝えたい」と張り切っている。

 磯辺揚げのサンドイッチ「いそべちゃんサンド」は、同町の若手社会人らでつくる団体「WACCA(わっか)」が、町内の食堂やパン店の助言を受けながら本年度開発した。商品づくりに当たり地元の高校生にも参加を呼び掛けたところ、野辺地高校と野辺地西高校の男女3人が手を挙げた。

 野辺地高の赤垣慶凌さん(2年)は、19日に開かれた調理実習にも参加。豆腐やナガイモを使った磯辺揚げを自らも作った。「町のために何か役立ちたかった」と話す赤垣さんは、「『うなぎもどき』と言われる通り、本当にウナギのような味がして、おいしかった。皆さんに味わってほしい」と意気込む。

 いそべちゃんサンドは350円(税込み)で、当日は40個を販売。このほかカワラケツメイを使ったミルクティーなども売り出す。

 ランタンまつりは午後1時から。会場では雪のランタン作りや餅つき、節分豆まき、ライブステージなども予定している。

 問い合わせは、のむらとうふ店(電話0175-64-2947)へ。

野辺地町

青森
野辺地の祇園囃子、行在所で3日夜披露
青森
「上北そば」に認定証交付 ブランド力向上狙う
青森
【ぐるぐるグルメ】鮮度抜群 葉つきこかぶ/野辺地
青森
野辺地・常夜燈市場で19日「初夏の宴」
青森
トゲクリガニ漁盛ん、需要期待はしぼみがち