青森-鯵ケ沢・深浦直通バス 15日から運行

鯵ケ沢、深浦両町と青森空港などを結びインバウンド誘客を図る「冬のウエストコースト号」

 冬の青森県西海岸エリアへインバウンド(訪日外国人客)の誘客を推進するため、鯵ケ沢、深浦両町と県は15日からモニター企画の観光バス「冬のウエストコースト号」の実証運行を開始する。青森空港、青森駅、新青森駅と西海岸2町の6宿泊施設を直通バスで結ぶ初めての試み。運行に使う大型バスが7日、鯵ケ沢町内でお披露目された。

 西海岸エリアは公共交通機関が限られ、冬季は厳しい風雪の影響も受けるため、特に冬の二次交通が課題となってきた。今冬はエバー航空(台湾)の青森-台北線が週5往復に増便されており、直通バスの運行で西海岸への誘客につなげたい考えだ。

 実証運行は両町が一体となり、国の東北観光復興対策交付金を活用し、事業費500万円で実施。15日から2月23日まで40日間、毎日1往復運行する。県も連絡調整役として連携する。

 青森市の青森駅、新青森駅、青森空港と、鯵ケ沢町のホテルグランメール山海荘、水軍の宿、深浦町の深浦観光ホテル、不老ふ死温泉、ウェスパ椿山、アオーネ白神十二湖を結ぶ。

 モニター企画バスは、6宿泊施設を利用する訪日外国人観光客を対象に無料運行する。各ホテルがホームページなどを通じてPRしており、既に台湾人観光客らの予約も入っている。利用者には満足度や利用料金などに関するアンケートを行い、今後の二次交通施策の検討に活用する。

 鯵ケ沢エリアでは日本海地吹雪体験やスキー・スノーボード、深浦エリアでは十二湖スノーハイクや「ふかうら雪人参」収穫体験など、冬ならではの体験メニューが人気。両町の観光担当者は「鯵ケ沢、深浦の冬の魅力を体感し、リピーターとして、また違う季節にも訪れてもらいたい」と期待している。

鯵ケ沢町

青森
ハタハタ、ハマにどっさり/鯵ケ沢で漁本格化
青森
鯵ケ沢長平 昭和30年代のお山参詣の写真
青森
くろくまの滝 5年ぶりの秋色/鯵ケ沢
青森
鯵ケ沢「食フェス」第3弾、スイーツ大集合/海の駅わんど
青森
静岡の高校生と「胸キュン」ポスター/鯵ケ沢高生徒