待ってました、スキー場オープン

青空の下、久々の雪の感触を楽しむスキーヤー=7日正午、八甲田国際スキー場

 青森市の八甲田国際スキー場が7日、県内スキー場のトップを切ってオープンした。雪不足でコースは一部のみの開放となったが、好天の下、シーズンを待ちわびたスキーヤーとスノーボーダーが久々の雪の感触に歓声を上げた。

 同スキー場の開業は例年11月下旬。今年はまとまった雪がなく開業が2週間ほど遅れていた。12月4日からの降雪でようやく営業開始のめどがついた。寒水沢コースのみの開放で、積雪は7日現在、多い所で約80センチ。

 この日は前日までの寒気が抜け、青森市の気温は午後1時29分に7.1度まで上がった。県内各地の最高気温は前日より3~6度ほど高く平年並みだった。

 同スキー場も昼ごろから青空が広がり、スキーヤーたちは雪煙を上げて新雪の上にシュプールを描いた。

 青森市の川口雄大さん(23)は「オープンを心から待っていただけに気持ちよく滑れた。どんどん通いたい」と話した。

 県内の他のスキー場は今月中旬から順次オープンする予定。

青森市

青森
本物の殻使った「ほやランプ」、15日発売
青森
65年ぶりシードル復活/弘前
青森
青森県5美術館が連携 観光客にアートPR
青森
青森・合浦公園でスイレン見ごろ
青森
ラベンダー見ごろ 浪岡のアップルヒル