JR五能線(秋田県能代市/八峰町)

  東能代駅(能代市)と川部駅(青森県田舎館村)を結び、日本海岸や津軽平野を走る147・2キロ。1936年に全線開通した。住民の生活路線として利用されているほか、日本海など景観の美しい観光路線として知られ、2014年には大手旅行会社の人気ローカル線アンケートで1位に輝いている。

 2016年から運行しているリゾートしらかみ「「〓(ぶな、〓は木へんに無)」(全4両、定員142人)は沿線地域の地酒や食を味わえるフードカウンター「ORAHO(おらほ)」の設置、全4両の床や天井、壁に秋田杉、窓枠の一部に青森ヒバを使うなど、秋田、青森両県の魅力があふれている。

能代市

秋田
能代に泊まって名産当てて 桧山茶や鶴形牛などプレゼント
秋田
アートで能代を明るく 市中心部25カ所、中高生の作品彩る
秋田
道の駅ふたつい来場者200万人突破 移転からちょうど2年
秋田
リゾートしらかみ運行再開 駅員ら能代駅ホームで歓迎
秋田
秋田犬もふもふリュックいかが? 大館能代空港で限定販売