つがる「縄文ロマン」バスツアー

田小屋野貝塚で見つかった人骨について、ボランティアガイド(左側)の説明を聞くツアー参加者

 今夏に世界文化遺産の国内推薦候補に決まった「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成資産である、青森県つがる市の「田小屋野貝塚」や「亀ケ岡石器時代遺跡」などを巡る「縄文ロマン」バスツアーが9月28、29の両日、開かれた。2日間で県内外の13人が参加、ボランティアガイドの説明を受けながら、縄文人の生活などに思いをはせた。

 世界文化遺産登録に向けた機運を盛り上げようと、市が市内の縄文遺跡関連施設に特化した内容でツアーを初めて企画した。田小屋野貝塚、亀ケ岡石器時代遺跡のほか、縄文館や縄文住居展示資料館「カルコ」などを巡った。

 両日ともツアーには同市の坂本紀子さん(60)、松木文子さん(60)のボランティアガイド2人が同行。女性の人骨が発見された田小屋野貝塚では、動物の骨やシジミ貝がたくさん出土され、縄文人は豊かな暮らしをしていたことや、動物の骨を加工し道具やアクセサリーも作っており、自然と共生しながら生活していたことが分かる-などと説明した。

 五所川原市の無職藤元徳造さん(80)は「縄文遺跡巡りが好きなので参加した。ガイドの説明がとても分かりやすく勉強になった」と話した。

 ツアーは10月5、6、12、13日も実施。料金は1人5千円(松花堂弁当とそばの昼食、施設入館料、ガイド付き)。1日1便で先着20人。予約はツアー実施2日前までに、同市商工観光課内の市観光物産協会(電話0173-42-2111)へ。

つがる市

青森
中泊の園児 つがるの農園でサクランボ狩り
青森
初夏の味覚ジュンサイの収穫盛ん/つがる市
青森
つがるで縄文遺跡案内所を拡大、ガイド再開
青森
しゃこちゃんの目が7色に変化
青森
「すしこ」冷凍した新商品