エヴァ前ねぶたを千葉作龍さん制作

 今年の青森ねぶた祭(8月2~7日)に、人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」のキャラクターをかたどった前ねぶたが登場する。青森市新町の東奥日報新町ビル3階New’sホールで8月26日まで開かれている「エヴァンゲリオン展」(東奥日報社、青森放送、朝日新聞社共催)の主催者が12日、発表した。

 前ねぶたとなるのは、アニメで主人公の碇シンジが乗る「初号機」。具体的なデザインなどは現時点で明らかになっていないが、第5代ねぶた名人・千葉作龍さん=青森市=が制作を手がけ、サンロード青森の大型ねぶた「龍飛崎『義経幻視行』」を先導する。

 お披露目は8月1日の前夜祭となり、当日は新世紀エヴァンゲリオンの主題歌「残酷な天使のテーゼ」などを歌う歌手の高橋洋子さんが出演する予定。エヴァ前ねぶたを含むサンロード青森ねぶたの出陣は、同3~7日となっている。

青森市

青森
青森県立美術館が7位/日本の美術館ランク
青森
八甲田ロープウェー、システム障害で運休続く
青森
青森・新町通りに個性的な店舗次々
青森
青森大恐竜展でナイトミュージアム/迫力を満喫
青森
八甲田・酸ケ湯周辺に“錦の絨毯”