かかしで国道沿いを盛り上げよう/青森北高校1年生に制作を指導

見本を見ながらかかしを制作する青森北高校の生徒ら

 青森市油川地区周辺の国道280号バイパス沿いに毎年手作りのかかしを展示している「かかしロード280実行委員会」(舘田直吉会長)は4日、同市の青森北高校で1年生にかかし作りを指導した。生徒らは13日の文化祭までにかかし10体を完成させ、9月の「かかしロード280」で市民にお披露目する。

 実行委は2007年から、地域活性化のため国道280号の沿線にかかしを展示しており、昨年は地域住民らが制作したかかし450体を設置し、通行人の目を楽しませた。

 実行委によると、青森北では5年ほど前から制作指導を続けている。生徒たちはメンバーから基本的な作り方の説明を受けた後、木材などを使ってかかしを組み立てていった。頭はざる、胴体には発泡スチロールの箱、腕や足にはペットボトルを使い、手分けをしながら制作を進めた。題材はサッカー選手や映画の登場人物、テレビアニメのキャラクターなどだという。

 実行委の永井幸男委員長は「生徒たち自身が作ったかかしで、自分たちの街を盛り上げてもらえたら」と話していた。

青森市

青森
透明感あふれる美、「金魚美抄」28日開幕
青森
幅11メートルステンドグラス青森空港設置へ
青森
青森市民による版画展始まる。29日まで
青森
エゾハリイカ繁殖個体を展示 浅虫水族館
青森
浪岡中野球部がリンゴ収穫、23日販売/青森