仲良しウリ坊、ほっこり 弘前・弥生いこいの広場

5匹で仲良くくつろぐウリ坊

 青森県弘前市の弥生いこいの広場で今春、イノシシの赤ちゃんが5匹生まれ、6月3日に屋外デビューした。仲良くじゃれ合ったり、母親の後を追いかけたりする姿が来園者を和ませている。

 イノシシの赤ちゃんは背中の模様がウリに似ていることから「ウリ坊」と呼ばれる。ウリ坊たちは4月22日に生まれ、飼育スペースにある小屋で1カ月半ほど過ごした。生まれたときは手のひらに乗るほどだったが、現在は体長約40センチほどに成長。飼育員の長尾美里さんによると、父親のシシマル、母親のヤヨイと同じ餌を食べられるようになり、リンゴが大好きだという。

 長尾さんは「ほぼ毎年のように生まれているけれど、今年も無事に生まれてここまで大きくなってくれて良かった。ウリ坊の模様は4カ月くらいで消えるので、模様があるうちに見てもらえたら」と話した。

弘前市

青森
「弘前忍者屋敷」案内が生きがい
青森
コラボ事業が街盛り上げ 弘前・平川が舞台のアニメ「じいさんばあさん若返る」 写真展やねぷた展示
青森
城下町彩る金魚ねぷた 弘前市で8月末まで
青森
五輪盛り上げる日仏友好の金魚ねぷた/弘前
青森
GOKANのアート楽しんで/フェス実行委が子ども向け鑑賞ガイド