デジタル駅印集めよう/津鉄が「エキタグ」導入

「エキタグ」で入手した津軽五所川原駅のデジタル駅スタンプ

 青森県五所川原市と中泊町を結ぶ津軽鉄道(澤田長二郎社長)は2日までに、スマートフォンを駅構内に掲示されているポスターのタグ部分にかざすと、デジタル駅スタンプを入手できるアプリ「エキタグ」を導入した。第1弾は津軽五所川原、十川、五農校前、嘉瀬、大沢内の5駅で提供。全て集めると「ストーブ列車」ヘッドマークの限定デジタルスタンプがもらえるキャンペーンを11月末まで実施している。

 津鉄各駅に長年置いているゴムの駅印が古くなり、更新するのに合わせて導入した。エキタグの駅スタンプは、ゴム印と同じデザインで、日付が入り、デジタルスタンプ帳にためることができる。利用は無料。

 エキタグはJR東日本企画が運営しており、導入はJR奥羽線、青い森鉄道に続いて県内3社目。利用にはあらかじめアプリをダウンロードする必要がある。津鉄の白鳥泰総務課長は「スタンプを集めながら、秋の津軽鉄道の旅を楽しんでもらいたい」と話している。

 津鉄はエキタグ導入に合わせ、全12駅の駅スタンプを絵柄にしたトートバッグ(税込み1800円)を製作。津軽五所川原、金木、津軽中里の3駅と津鉄公式オンラインショップで販売している。

津軽鉄道の駅スタンプを絵柄にしたトートバッグ

五所川原市

青森
五所川原駅の待合室 昭和レトロに
青森
三味線会館 来館100万人/五所川原
青森
五穀豊穣願い虫送り/五所川原・相内地区
青森
日本酒「六根ルビー」特別ラベル 立佞武多の館(五所川原)発売 新作「閻魔」の下絵採用
青森
津軽鉄道駅命名権 4駅の愛称決まる