最速で開花予想、弘前さくらまつり前倒しは?

日に日に膨らみを増している弘前公園のソメイヨシノの花芽。調査開始以来、最速ペースでの開花が予想されている

 4月21日の弘前さくらまつり開幕を前に、弘前公園のソメイヨシノは1947(昭和22)年の調査開始以来、最速ペースで開花に向け成長している。今年のまつりは、新型コロナウイルス感染防止のため禁止していた園内での飲酒が解禁され、青森県弘前市内の関係者は、にぎわい回復に期待を寄せている。ただ27日時点で、まつり期間を前倒しする「準まつり体制」開始日は決まっておらず、出店業者らからは「なるべく早めに教えてほしい」との声も漏れる。

 27日、まつりの主催4団体、警察、消防、交通機関、出店業者、電気工事などの関係者が市立観光館で打ち合わせ会議を行った。桜の早咲きに合わせ、設備の点検や清掃を済ませること、前倒しを見越して人員確保を進めていることなどを確認した。

 市内の21宿泊施設でつくる市旅館ホテル組合の福士圭介組合長は「4月20日以降は混雑し、キャンセル待ちも出ている状況。問い合わせも非常に多く、これから早咲きに合わせてどんどん(人気が)前にシフトしていくだろう。コロナ以前に近い形に戻ってきている」と手応えを語る。

 弘前ハイヤー協会の玉川光幸事務局長は「今年は園内でお酒を飲んで、鍛冶町など飲食店街に向かう客が増えそう。宴会あってこその花見。期待している」と話した。

 一方、出店業者の一人は「おのおの店で準備は進めているんだろうけど、いつから始まるか決まってからじゃないと段取りが難しい。早く日付が分かるに越したことはない」とこぼす。

 市の神雅昭観光部長は「出店の受け付け、引き渡しなどの準備をどこまで前倒しできるか調整中。早々に対応していきたい」と話した。

 市は現時点で、園内のソメイヨシノについて、4月12日開花・17日満開と予想している。31日に改めて今季3回目の予想を発表する。

弘前市

青森
弘前城の石垣積み直し最終年度がスタート
青森
「大森勝山」今年も魅力発信/弘前でガイドの会
青森
弘前さくらまつり 245万人/23年比41万人増
青森
リンゴの花見いかが? 弘前で「花まつり」
青森
弘南鉄道大鰐線に「春のりんごねぷた列車」