県美 アレコ第3幕借用延長

1年間の借用延長が決まったバレエ「アレコ」舞台背景画の第3幕

 青森市の県立美術館が同館アレコホールで展示しているマルク・シャガールのバレエ「アレコ」舞台背景画第3幕について、米国フィラデルフィア美術館からの借用期間が2024年3月末まで1年間延長されたことが7日、県立美術館への取材で分かった。同館は24年秋ごろにバレエ「アレコ」公演を初めて行う予定だが、同館は「24年度以降の借用については、改めて相手方と交渉していく」としている。

 第3幕「ある夏の午後の麦畑」は、フィラデルフィア美術館の改修工事に伴い、17年4月から4年間の予定で無償で貸し出された。期間は21年に2年間延長しており、今月末に借用期限を迎える。このため県立美術館は25年3月末まで2年間の再延長を申し入れていたが、フィラデルフィア美術館からは「今回は1年」との回答があったという。

 第3幕は県立美術館所蔵の第1、2、4幕とともにアレコホールに展示している。バレエ公演は舞台背景画全4作品がそろう同館の魅力を国内外に発信しようと実施。県が23年度予算案に公演事業費847万円を計上するなど、準備を進めている。

青森市

青森
東北大浅虫センター、海洋研究100年/青森
青森
夏の日射し受けローズガーデン見ごろ/青森
青森
県美版アレコ「歴史的公演」・主演大川さん
青森
ワタスゲ、風に揺れ/青森・田代平湿原
青森
青森ゆかりのアーティストらが音楽イベント