GMUのふるさとナビ2 八戸・虎鯖棒すし


 皆さんお待たせしました。ふるさとナビに八戸市が初登場です。全国有数の水産都市から届いたお便りによると、献立は「虎鯖(とらさば)棒すし」。GMUで海鮮料理に目がない堀川あい、嶋村咲、水樹華は、今まで食べたことがない魚料理にワクワクが止まりません。

 虎鯖棒すしは、八戸ニューシティホテルの板長を務める谷口圭介さんが、独自に開発した商品。「脂がのった前沖のサバと塩、酢しか使わないから、天然物のうまみが凝縮されています」と自信たっぷりです。

 それでは実食。ホテルの「魚菜工房 七重」で、虎鯖棒すし定食(1650円)をいただきます。せんべい汁が付いた、寒い季節にうれしいメニューで、爽やかなお酢の香りに誘われるように、大ぶりの棒すしを口いっぱい頬張ります。

 お味の方は「脂がのったサバが酢飯によくなじんでます」(堀川)、「身が締まってプリプリ」(水樹)、「予想以上に脂がのってボリューミー」(嶋村)と賛辞の嵐。せんべい汁の食感を堀川は「せんべいに少し歯応えが残っていて、まるでアルデンテのパスタみたい」と話していました。

 続いて、お土産選びに八食センターへ移動した3人は、おいしそうな魚介類がたくさん並んでいる売り場の迫力に圧倒されっぱなし。まだまだ食リポしたい食材がいっぱいでしたよ。

【熊谷雄一市長から】

 12月には東北新幹線八戸開業20周年を記念して、さまざまなイベントが開催されます。八戸えんぶりでは、30組を超えるえんぶり組による「一斉摺(ず)り」に誰もが感動するでしょう。ブイヤベースや八戸せんべい汁、地酒など、魅力あふれるグルメがたくさんある冬の八戸に「おんであんせ(ぜひお越しください)」。

 ▼問い合わせ 八戸ニューシティホテル(TEL0178-46-0311)

◆◆◆こちらも注目◆◆◆

 ■12月1日、市魚菜小売市場が新装オープン JR陸奥湊駅前にある八戸市魚菜小売市場の大規模改修工事が完了し、いよいよ12月1日に全面オープンします。1967年から「市民の台所」として親しまれてきましたが老朽化したことから、市が改修工事を実施。25区画の売り場と、ミニイベントなどを開催できるオープンスペースを設けます。問い合わせは八戸市水産事務所(TEL0178-33-2115)へ。

棒すしの食リポ開始を待ちきれないGMU(左から)水樹、堀川、嶋村

熊谷雄一市長

せんべい汁が付いた「魚菜工房 七重」の虎鯖棒すし定食

来月1日にオープンする八戸市魚菜小売市場の完成イメージ

八戸市

青森
陸奥湊駅前の魚菜市場 1年半ぶり全面オープン/八戸
青森
八戸らーめん復刻20年 ポイントラリーで再発信
青森
JR陸奥湊駅に「駅ナカ酒場」オープン/八戸市
青森
八戸の風景を独自手法で、市美術館で写真展
青森
新観光列車「ひなび」23年度冬デビュー