グランプリに館山さん(青森)ら3人/県展

館山昇さんの写真「龍眼の変遷」

 第63回県美術展覧会「県展2022」(県文化振興会議主催)が28日から、青森市の東奥日報新町ビル3階New’sホールで開かれる。審査の結果、グランプリには青森市の館山昇さん(82)の写真「龍眼の変遷」、弘前市の松山紀代子さん(82)の日本画「春は来る」、鶴田町の渋谷泰山さん(48)の書「岑參詩(しんじんし)」の3作品が選ばれた。

 応募総数は、一般の部が絵画(油彩画、水彩画、版画、日本画、水墨画など)111点、写真38点、書道34点、彫刻1点、工芸9点、その他、立体作品1点の計194点で、昨年より14点増加。グランプリ3点のほか、特選7点、優秀賞11点、奨励賞25点が選ばれた。入選は148点だった。

 キッズ・ジュニアの部には書道153点、絵画67点の計220点の応募があり、計28点が入賞した。

 県展は10月2日までで、入場無料。全部門を一度に展示し、一般は招待、参与作品を含めた計253点、キッズ・ジュニアは入賞28点が並ぶ。

 上位入賞者は次の通り。

 【一般の部】

 ◇特選
▽油彩画=加藤明子(鯵ケ沢)、川端広仲(黒石)
▽版画=吉田正子(野辺地)
▽その他平面(ペン画)=前田実咲(青森)
▽写真=芦名昌利(同)
▽書道=佐々木栄治(板柳)
▽その他立体(ミクストメディア)=山本明日香(横浜市)

 ◇優秀賞
▽油彩画=齋藤利信(むつ)、佐々木孝子(八戸)、三浦千恵(青森)
▽水彩画=今寿彰(同)
▽版画=一戸郁子(つがる)
▽その他平面(パステル画)=石谷武志(青森)
▽写真=工藤勝弘(鶴田)、山本敏夫(八戸)
▽書道=中村玉蘭(同)、松田牧子(東京都)
▽工芸=中村千保子(田舎館)

 【キッズ・ジュニアの部】

 ◇県知事賞
▽書道=猪股ひかり(弘前・時敏小3)
▽絵画=金澤凛香(青森・佃中3)

 ◇県議会議長賞
▽書道=関川さくら(八戸・長者小1)
▽絵画=杉沢空良(南部・福地中2)

 ◇県教育委員会教育長賞
▽書道=蛯澤愛羽(六戸・大曲小6)
▽絵画=手塚彩花(青森・西中3)

 ◇県美術展覧会審査員長賞
▽書道=奥山七夏美(八戸・白山台中3)
▽絵画=三上慎人(青森・堤小4)

松山紀代子さんの日本画「春は来る」

渋谷泰山さんの書「岑參詩」

青森市

青森
新観光列車「ひなび」23年度冬デビュー
青森
青森・油川の逸品セットいかが
青森
19、20日に「うまい森 青いもりフェア」/青森
青森
樽酒と純米酒のセット 東青50店で発売/青森酒販協同組合
青森
浅虫水族館でペンギンお散歩