久慈地下水族科学館もぐらんぴあ(久慈市侍浜町)

もぐらんぴあ
 東日本大震災の津波で全壊し、2016年4月に復活を遂げた地下水族科学館。再出発を機に大型水槽を新設、震災による久慈市の被害状況や防災を学べる常設展を設け、教訓を後世に伝える役目も担う。目玉は長さ10メートル、水量80トンのトンネル水槽。頭上を魚が泳ぎ、青く神秘的な海底を歩くような感覚が味わえる。

久慈市

岩手
平庭のシラカバ林 存続岐路 久慈・寿命迫り倒木目立つ
岩手
こたつ列車、今季運行を開始 三陸鉄道・久慈-宮古間
岩手
サバ水揚げ 浜に活気 久慈港に巻き網船入港
岩手
寒締めホウレンソウ甘さ上々 久慈地域で20日から出荷
岩手
旬の赤 イクラつややか 久慈で加工作業が最盛期