「ワ・ラッセ」にねぶた大賞受賞作など搬入

ワ・ラッセに搬入される、ねぶた大賞を受賞した竹浪比呂央さん制作の「龍王」(右側)など4台

 青森市の「ねぶたの家ワ・ラッセ」は10日、同館で展示する大型ねぶたの入れ替え作業を行った。7日に閉幕した青森ねぶた祭で最高賞のねぶた大賞を受賞した作品など4台が、11日から1年間展示される。

 新たに展示するのは、ねぶた大賞・最優秀制作者賞の竹浪比呂央さん制作「龍王」(青森菱友会)、市長賞・優秀制作者賞の北村麻子さん制作「琉球開闢(かいびゃく)神話」(あおもり市民ねぶた実行委員会)など。

 作業は午前10時前に開始。同館職員や運送業者ら約80人が、同市のラッセランドから同館までねぶたを運んだ。降雨で作業を中断した時間帯もあり、午後4時ごろに終了した。

 作業を指揮した高坂麻子副館長は「ワ・ラッセでは運行中見られないようなねぶたの繊細な部分を、ゆっくり間近で見ることができるのが魅力」と語った。

青森市

青森
三沢-青森「雪見列車」2月4日から復活
青森
画家・櫻庭さん 画業人生や表現世界語る
青森
東通村の味覚を一堂に/22日まで青森で物産展
青森
大韓航空青森-ソウル線2年10カ月ぶり再開
青森
混浴文化守ろう 実験「湯あみ着の日」/酸ケ湯