「ミク×ねぷた」大型ボード設置/弘前・観光館

観光館の壁面に設置された初音ミクとねぷたの大型歓迎ボード。作業用足場は11日ごろ取り外す予定

 青森県弘前市中心部の市立観光館の外壁に4日、弘前ねぷた300年祭の公式応援キャラクターを務めるバーチャルシンガー・初音ミクの大型歓迎ボードが設置され、道行く人の目を引いている。

 ボードは縦3.6メートル、横7.2メートル。黒を基調に、イラストレーターの黒獅子による公式ビジュアルが描かれ、8月末ごろまで観光客らを出迎える。1日には一足早く、4分の1サイズのボードが弘前駅中央口に設置された。

 8月の弘前ねぷたまつりに向けて、市や弘前観光コンベンション協会は、初音ミクグッズが当たるねぷたクイズなどを企画している。

 同協会の担当者は「初音ミクをきっかけに、ねぷたまつりを知らない全国の人たちに弘前を訪れてほしい」と話した。

 観光館では、過去30年分のねぷた観光チラシや、ねぷたの成り立ちなどのパネルなども展示している。

弘前市

青森
高速バス・パンダ号、新宿行き片道3千円
青森
「りんごの物語」公開制作 14日まで/画家・阿部さん
青森
弘大コーヒー 青春の味/珈琲研とカフェが開発
青森
リンゴ箱ベッドの宿泊施設開業/弘前
青森
大正時代のねぷた絵 石画で再現/弘前