「ヒラメのヅケ丼」を味わう家族連れら

 青森県鯵ケ沢町の食材をPRする三大イベントの第1弾「ヒラメフェス」が12日、海の駅わんど近くの特設会場で開かれた。好天の下、大勢の行楽客が潮風を浴びながら、ご当地丼「ヒラメのヅケ丼」を堪能。昼前には1259食が完売した。

 ヅケ丼は2011年、県事業の一環で販売開始。昨年に販売30万食を突破した。

 同フェスは新型コロナウイルス禍で中止が続き、通常開催は3年ぶり。町内12店舗が工夫を凝らし、通常700円とプレミアム1200円の2種類の丼を数量限定で販売した。数量を3年前の3倍に増やしたが、会場には町内外から約4千人(町発表)が訪れ、購入できなかった来場者もいた。

 漁港に隣接したイートインコーナーで、家族ら5人で味わった弘前市の会社員成田誠さん(50)は「ヅケ丼を初めて食べた。ヒラメに味が染みて、しっとりとした食感で、ご飯がよく進む」と語った。会場ではよさこいソーランが披露され、ヒラメのつかみ取りなども行われた。

 フェスは町などが主催。コロナ対策のため出入り口を制限し、検温なども行った。同町では9月4日に「肉のフェスティバル」、11月6日に「スイーツフェス」が開かれる。

販売された「ヒラメのヅケ丼」の一例。町内12店舗が腕を振るった

鯵ケ沢町

青森
わさお天国に旅立ち2年、全国から献花
青森
白八幡宮大祭5年ぶり開催/鯵ケ沢
青森
岩木山背に菜の花畑広がる/鯵ケ沢・山田野
青森
人気犬わさおの養女「ちょめ」観光主任に
青森
きらきら みんな笑顔に イルミ点灯式/鯵ケ沢