モンベル×西こぎん マフラー、Tシャツ発売

西こぎんをあしらった新商品のTシャツとマフラー

 青森県西目屋村の「道の駅津軽白神」は9日、アウトドアメーカー・モンベルのコーナーで、西こぎんをあしらったマフラー(税込み3300円)と長袖Tシャツ(同4千円)の販売を始めた。

 同コーナー限定のモンベルオリジナル商品は、タンブラーと帽子に続く第3、4弾。こぎんの「結び花」とリンゴ柄を組み合わせた模様のほかに、Tシャツの背中側には「くつわつなぎ」を応用して白神山地の山をかたどったほか、地層をしま模様で表現した。

 色はTシャツが紺、赤、黒の3色で、マフラーは緑と白を加えた5色をそろえた。どちらも軽い素材で通気性に優れ、汗が乾きやすいのが特長だという。

 同道の駅の桑田翼駅長は「モンベルの限定商品を通して、村発祥の西こぎんの魅力を知ってもらいたい」と話した。

 同日から2日間開かれているイベント「白神ピークス フード&クラフトフェスティバル」の目玉商品で、マフラーは在庫がなくなり次第販売を終え、来冬に再び発注する予定。Tシャツは通年販売する。

西目屋村

青森
乳穂ケ滝の氷「急成長」 夜間点灯スタート/西目屋
青森
冬の名物、味わい濃厚 目屋豆腐作り始まる/西目屋
青森
白神ライン一部通行再開 マザーツリーに観光客
青森
歩いてポイントゲット 9月「古津軽ウィーク」
青森
GMUのふるさとナビ2 西目屋・白神のクマ肉