北東北3県で来夏、大型観光キャンペーン


 北東北三県観光立県推進協議会などは18日、来年7~9月の3カ月間、青森県など北東北3県とJR東日本、観光事業者などが一体となって大型観光キャンペーンを実施すると発表した。北海道・北東北の縄文遺跡群の世界文化遺産登録1周年と夏祭りに合わせて行う。

 JR東が18日、誘客強化に向けた情報発信を集中的に行う「重点販売地域」に北東北3県を指定したと発表した。同協議会などは観光キャンペーンを、新型コロナウイルス禍で当初予定したイベントなどを十分に実施できなかった今年4~9月の「東北デスティネーションキャンペーン(DC)」を補完する事業に位置付けている。

 キャンペーンのキャッチコピーは「ドキドキ、キタキタ、北東北」。縄文遺跡群をイメージさせる「土器」と観光を楽しむ心の高揚「ドキドキ」を掛けた。ロゴマーク=提供写真=では北東北の「東」の文字で縄文土器の網目の文様を表現した。

 同協議会事務局を務める秋田県観光振興課の担当者は「DC期間中には多数の企画があったが、感染拡大で、実施できたことも、できなかったこともある。DCはあくまできっかけ。継続的な取り組みにつなげ、北東北をPRしていきたい」と話している。

青森市

青森
ねぷた、ねぶた、立佞武多そろい踏みへ
青森
ワタスゲ 風にふわり/青森・田代平湿原
青森
浅虫水族館にアザラシ赤ちゃん
青森
クルーズ船、1年ぶりに青森県寄港
青森
「縄文スタンプラリー」1日スタート