ホンシュウジカ、角さっぱり けが防止/弘前

写真上は角を切る前のホンシュウジカ、下は角を切ったホンシュウジカ(弥生いこいの広場提供)

 青森県弘前市の弥生いこいの広場でこのほど、伸びた角でけがをしないようにと、同広場のスタッフが雄のホンシュウジカ4頭の角を切り落とした。スタッフは角にロープを掛けてシカを押さえ、60センチほどに伸びた角を切った。

 シカの角は春に自然に抜け落ちるが、発情期を迎えた雄シカ同士がけんかをしてけがをしないよう、同広場では毎年この時期に切り落としている。

 同日はスタッフ9人掛かりで作業。体長110~170センチのシカを捕獲し、のこぎりで角を切り落とした。

 作業をした同広場の杉田大輔さん(50)は「刺股状の器具を今年から導入し、効率よく作業できた。安心して冬を越してほしい」と話した。角は後日、広場内に展示する予定。

弘前市

青森
27日から弘前で市民参加型展覧会
青森
大雪像は旧函館区公会堂に/弘前城雪燈籠まつり
青森
弘前公園で樹木の雪囲い、雪吊り設置始まる
青森
弘前公園の追手門、南内門 60年ぶり修理開始
青森
弘前の3社協力 白こうじクラフトビール