青森県西目屋村といえば、世界自然遺産「白神山地」の玄関口。古くから自然と共生してきたマタギの文化が息づく村としても知られています。豊かな自然に育まれた動植物に感謝を込め、山の恵みとして大切に利用してきた山里の知恵。GMU田中シュリ、嶋村咲、藤本ほのみの3人で、その伝統を味わいます。

 やって来たのは、道の駅津軽白神「ビーチにしめや」。こちらの自慢は、風味豊かな石臼挽(び)きの白神そばですが、入り口で「白神ジビエ」の旗を見つけました。ジビエは、フランス語で野生動物の肉のこと。道の駅を管理するブナの里白神公社の角田克彦支配人に聞くと「マタギ文化を継承し、野生の熊を授かり物として大切に扱う新メニュー」なのだそうです。

 そして、この連載で最もワイルド?な「熊そば」(1300円)が登場。嶋村が挑戦します。見たところは普通の肉そば。しかし、人生初の熊肉なのでドッキドキの様子。注目の食リポは「想像と違って臭みがまったくなく、お肉本来の歯ごたえがあります」と高評価でした。

 ちなみに田中、藤本が頂いたのは安定の「白神そば」。さらに3人は熊→プーさん→ハチミツの連想なのか、白神生はちみつたっぷりのジェラートも堪能。終わってみると、むしろマイルドな旅になりました。

 【桑田豊昭村長から】

 村内の観光施設では、鳥獣害対策で捕獲した熊を活用し、村産食材にこだわった熊そば、熊丼などが提供されるようになりました。

 熊肉は数日熟成させ、下処理や味付けにもこだわっており、新メニューやお土産品の開発も推進します。村を訪れた際は、ぜひ白神ジビエをご賞味ください。

◆◆◆ここがオススメ◆◆◆

 ■観光・行楽 世界自然遺産白神山地・白神山地ビジターセンター/アクアグリーンビレッジANMON/乳穂ケ滝/津軽ダム・津軽白神湖/道の駅「津軽白神」ビーチにしめや/ブナの里白神館/グリーンパークもりのいずみ/大白温泉

 ■食・お土産 白神そば/白神ジビエ/目屋豆腐/目屋人形

 ■問い合わせ 村産業課商工観光係 TEL0172-85-2800/ビーチにしめや TEL0172-85-2855

熊そば(手前中央)と白神そばの食リポでポーズを取るGMUの(左から)藤本、嶋村、田中

自慢の白神そばと白神ジビエを組み合わせた「熊そば」

桑田豊昭・西目屋村長

津軽ダム周辺の雄大な自然を水陸両用バスで楽しむダムレイクツアー(西目屋村提供)

西目屋村

青森
モンベル「西こぎん帽子」18日発売/西目屋
青森
駆除したクマ ジビエ料理に/西目屋で提供へ
青森
西目屋「暗門の滝」歩道、1日開通
青森
津軽ダム、感謝の光 コロナ下で働く医療従事者へ
青森
津軽まちあるき実行委、ガイド本と動画制作