爽やかレモン味「八戸しょーてん小僧サイダー」

金入が販売している八戸しょーてん小僧サイダー。しょーてん小僧のラベルが目を引く

 青森県八戸市中心街を発信する八戸中心商店街連絡協議会(松井正文会長)のサイト「はちまち」の運営を受託する同市の「金入」(金入健雄社長)が「八戸しょーてん小僧サイダー」を販売し、ひそかに人気を集めている。商品開発を担ったはちまちの関係者はサイダーを中心街を知ってもらえるきっかけにできればと意気込む。

 サイダーは鮮やかな黄色と爽やかなレモン味が特徴で、はちまちのキャラクター「八戸しょーてん小僧」のラベルが貼られている。商品名やラベル、色から一瞬“アレ”を想像してしまうようなインパクトある見た目が印象的だ。

 しょーてん小僧で商品を作れば面白いのではないかと金入社長がはちまちの関係者らに提案し、「みしまシトロン」を販売している八戸製氷冷蔵(八戸市)に製造を依頼した。

 サイダーのラベルデザインなどを担当した金入の岩井巽さんは、八戸製氷冷蔵の商品の雰囲気を残しながらもインパクトのある商品を目指した。一方で八戸製氷冷蔵の商品イメージを損なわないように開発に取り組んだ-と話す。しかし、味やラベルのデザインで八戸製氷冷蔵が難色を示すこともあったという。はちまちの関係者らは新しい味の開発を相談したり、ラベルのデザインをいくつも考えるなど試行錯誤を繰り返したと話す。

 サイダーの発売から約1カ月。反響は大きく約2週間で販売予定数を達成、追加生産も行われ販売店の数も徐々に増えているという。岩井さんは「会員制交流サイト(SNS)には『買いました』などうれしい投稿もある。これをきっかけに中心街の面白さを知ってほしい」と話した。

 1本330ミリリットル入りで税込み330円(希望小売価格)。八戸市の八食センターや、おいらせ町のイオン下田、青森市のA-FACTORY、はちまちのサイトで販売している。販売店も順次募集している。問い合わせは金入(電話0178-24-7480)へ。

八戸市

青森
写真や大会衣装展示 八戸・ラピアで羽生結弦展
青森
縄文キャンペーン、15日から青い森鉄道で
青森
マリエントで秋にちなんだ企画展/八戸
青森
八戸ご当地段ボールはイカ、サバの絵
青森
空自空上げ10月1日デビュー 三沢市長らPR