「いとみち」で使用の小道具、台本など展示/板柳

映画「いとみち」の撮影で使われた小道具が並ぶ町ふるさとセンターの展示コーナー

 現在公開中の津軽を舞台にした映画「いとみち」のロケ地となった青森県板柳町が、撮影で使われた小道具や台本などを町ふるさとセンターで展示している。入場無料で来月15日まで。

 展示は町が映画公開期間に合わせて企画した。同センター工芸館売店内では、台本や自宅シーンで使用された「相馬」の表札、主役のいとが働く「津軽メイド珈琲店」を彩るリンゴ型ランプなどを展示。いとを演じた女優駒井蓮さん(平川市出身)や横浜聡子監督(青森市出身)のサインも並ぶ。

 工芸館ギャラリーには来館者が映画への思いを記入できるメッセージボードを設置。同級生役で出演したりんご娘・ジョナゴールドさんが町内のロケ地を巡る観光PR動画の上映や、いとみちを特集した町発行の広報紙の無料提供も行っている。

 同センターの松山和瑚主事は「ここでしか見られない貴重なものがそろっている。いとみちと板柳町の魅力を感じてほしい」と話している。

板柳町

青森
板柳をハイボールの街に コンテスト初開催
青森
歩いてポイントゲット 9月「古津軽ウィーク」
青森
GMUのふるさとナビ2 板柳・焼きそばと足湯
青森
津軽半島スタンプラリー1日スタート
青森
板柳をPRし隊、始動/映画「いとみち」ロケ地、大賞受賞へ後押し