110種見ごろ 市川さんバラ園公開/青森

約110種類ものバラが見ごろを迎えているオープンガーデン

 青森市羽白沢田の住宅街の一角にあるオープンガーデンで、約110種類のバラが見ごろを迎えている。同市の自営業・市川和友さん(54)が趣味で育てたバラを無料公開しているもので、市川さんは「お気に入りの品種を見つけてもらえたら」と話している。

 市川さんは6年ほど前から、経営する水道設備会社の敷地を活用してバラを育て始めた。年々種類を増やし、今では約40平方メートルの広さにピンクや黄色、オレンジなど色とりどりのバラが所狭しと咲き誇る。各所に配置された外国風の看板や人形などもアクセントとして楽しめる。

 晴天に恵まれた14日午前、花好きの市民らが続々と訪れ、鮮やかに咲くバラを写真に収めていた。2日連続で来園した同市の齊藤幸子さん(70)は「きれいという一言では言い表せない。見たことのないバラがいっぱいで、豪華で見応えがある。一日中ここにいたいくらい」と絶賛した。市川さんによると、現在のバラの咲き具合は「7割咲き」程度で、今週いっぱいは見ごろが続く見通し。周辺に駐車場はないため、市川さんは「なるべく徒歩で見に来てほしい」と呼び掛けている。

青森市

青森
三沢-青森「雪見列車」2月4日から復活
青森
画家・櫻庭さん 画業人生や表現世界語る
青森
東通村の味覚を一堂に/22日まで青森で物産展
青森
大韓航空青森-ソウル線2年10カ月ぶり再開
青森
混浴文化守ろう 実験「湯あみ着の日」/酸ケ湯