命守る施設 見て学ぶ かまいしDMC、防災ツアー開始

操作室内で水門開閉のシステムについて学ぶ生徒ら
 釜石市の観光地域づくり法人かまいしDMCは27日、指定管理するいのちをつなぐ未来館の新たな震災伝承プログラムとして、同市鵜住居(うのすまい)町の水門・防潮堤見学ツアーを始めた。インフラツーリズムを通じて防災意識の向上につなげる。

 ツアーでは、3月までに工事が完了した高さ14.5メートルの鵜住居川水門と片岸海岸防潮堤をめぐる。

 同日は、山形県鶴岡市の鶴岡第四中(遠田良弘校長、生徒339人)の3年生121人が修学旅行で来訪。県沿岸広域振興局土木部の職員から水門の自動閉鎖システムについて説明を受け、普段は入ることのできない操作室を見学した。

釜石市

岩手
父の日は海の幸と地酒で感謝 釜石、6月末まで販売
岩手
環境に優しい周遊楽しんで 釜石、超小型EVを貸し出し
岩手
「うにぎり」広がる磯の香り 釜石・道の駅仙人峠、土日祝日に販売
岩手
県内3つの世界遺産を紹介 平泉・ガイダンスセンターで企画展
岩手
おしゃれな防災備蓄食 3種の魚介リゾット缶詰、6月発売