くじで「ゴールデン・鬼コカード」/弘前・平川

期間限定で配る「ゴールデン・鬼コカード」。鳥居の鬼コカード9枚を集めた人にプレゼントする

 青森県が取り組む観光ブランド「古津軽」の一環で、県中南地域県民局は29日から、ゴールデンウイーク特別企画として期間限定の「ゴールデン・鬼コカード~春の古津軽編~」を配布する。従来の「ボス鬼カード」に代えて配るレア(希少な)カードで、配布期間は5月末まで。

 鬼コカードは、弘前、平川両市の神社に祭られている「鳥居の鬼コ」が題材で、9枚全て集めると「ボス鬼」カードがもらえる。同県民局によると昨年来、350枚のボス鬼カードを配ったという。ゴールデン・鬼コカードは、金色の縁に弘前公園外堀の桜と花筏(はないかだ)を鬼の背景にした図柄で製作した。

 鳥居の鬼コカードは、神社周辺の決まった場所で配布しており、配布場所は県の関連ホームページ(https://bit.ly/3sSKnMk)で確認できる。9枚を集めた上で弘前市土手町の「まちなか情報センター」と、同市立観光館にある「サイクルネットHIROSAKI」で鬼くじを引けば入手できる。

 担当の同県民局地域連携部・塩崎麻衣主事は「密を避けながら鬼コが祭られている神社をゆっくり巡り、レアカードで幸せな気持ちになっていただければ」と話す。問い合わせは同部(電話0172-32-2407)へ。

どのゴールデン・鬼コカードが当たるかは鬼くじ次第


弘前市

青森
ゴスマニさんに人気のスプーン/弘前
青森
月刊「弘前」500冊超展示 7月・郷土文学館
青森
旧制弘高開校100年/14日から企画展
青森
家具職人小野さん、自宅で作品展示会/弘前
青森
ラッセル車ポストカード 103(とうさん)枚を無料配布/弘南鉄道