恒例の豆まき取りやめ 中尊寺、節分会を縮小

大節分会で威勢よく豆をまく年男年女ら=2020年2月、平泉町平泉・中尊寺
 平泉町の中尊寺(奥山元照貫首)は2月3日、規模を縮小して節分会(せつぶんえ)厄年祈祷(きとう)会を開く。新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、恒例の豆まきは取りやめる。

 祈祷は行い、同寺節分会講中が25日まで希望者を募集している。町内在住の30人限定で、年男年女や厄年、還暦など節目の年を迎えた人が対象。当日は午後1時に同寺光勝院に集合し、同2時から同寺本堂で行う。

 申込用紙に冥加(みょうが)料8千円(祈祷札、升付き)を添えて申し込む。祈祷札のみ希望する場合や、町外在住者には名入り祈祷札を冥加料5千円で受け付けている。

 問い合わせは中尊寺節分会講中(0191・46・2211)へ。

平泉町

岩手
平泉のもてなしに栄誉 プロが選ぶ観光・食事施設で全国2位
岩手
東下り行列 秋を検討 平泉・春の藤原まつり規模縮小
岩手
義経伝説 胸を熱く 一関で平泉世界遺産10周年フェス
岩手
金色堂 往時の輝き 中尊寺、金箔補修終え法要
岩手
安らぎ願う青のきらめき 平泉、観自在王院跡で点灯