石焼き(秋田県男鹿市)

 漁師生活の中から生まれた伝統的な料理。秋田スギの桶(おけ)に捕れたてのタイ、ソイ、カニ、海藻などの魚介類や野菜、豆腐を入れ、その中に真っ赤に焼けた石を放り込んで一気に煮立たせ、みそで味を付ける。野趣たっぷりで、桶から噴き出す湯気がまた豪快。石に染み込んだ千古の味が、みそとあいまって新鮮な海の幸の味を一層引き立ててくれる。

 料理の主役を張る「金石=溶結凝灰岩(ようけつぎょうかいがん)」は、男鹿半島の北磯産。目の細かい黒っぽい石で、海にもまれて丸みを帯びたものが割れにくく、熱をよく蓄えるという。

 男鹿温泉郷のホテル・旅館や入道崎の食堂などで食べることができる。

男鹿市

秋田
入道埼灯台をイメージ しましま「おがパフェ」19日発売
秋田
なまはげ太鼓、男鹿の観光地に出張します 9月まで土日祝日
秋田
オガーレの来場者100万人突破 タイ、アワビなど贈呈
秋田
男鹿で取れた新鮮な魚介ずらり オガーレ、12日まで創業祭
秋田
なまはげ太鼓、観客魅了 男鹿「五風」の常設公演開始、伝承館も再開