金平成園の冬の特別公開始まる/黒石

金平成園で始まった冬の特別公開。旧加藤家住宅の建物内から雪化粧をした庭園を楽しめる

 青森県黒石市内町の国名勝「金平成園(かねひらなりえん)」(澤成園(さわなりえん))で24日、冬の特別公開が始まった。雪化粧をした大石武学流の庭園を旧加藤家住宅の建物内から眺めることができ、一般公開された春から秋とは違った趣を楽しめる。27日まで。

 冬の特別公開は2018年から始まり、今年で3年目。雪に覆われた庭園には雪囲いがされた低木や石灯籠、雪づりが施されたマツなどがあり、冬の風情を醸し出している。

 同園の案内役を務める「こみせ観光ボランティアガイドの会」の小野せつ子会長は「雪に包まれた庭園の自然や、庭園と建物との一体感を楽しみ、ゆったりとした時間を過ごしてほしい」と話した。

 庭園は開放せず、建物内からの見学のみ可能。入園料は大人400円、高校生200円で、中学生以下は無料。開園時間は午前10時~午後3時(入園は午後2時半まで)。

 問い合わせは市教育委員会文化スポーツ課(電話0172-52-2111、内線622)へ。

黒石市

青森
こみせ通りにねぷた灯籠 児童制作/黒石
青森
ミニこけし3千点ずらり 黒石・津軽こけし館
青森
こけしで縄文文化PR、黒石の阿保さん制作
青森
シャクヤク 色とりどり/黒石・虹の湖公園
青森
大浦光信ゆかりの「御城印」出そろう