冬告げるアンコウ来た 風間浦で漁解禁

刺し網漁で取れたアンコウを荷さばき所に運ぶ漁師=12日、風間浦村の蛇浦漁港

 冬に旬を迎える青森県風間浦村のアンコウ(キアンコウ)の水揚げが始まった。同村蛇浦漁協荷さばき所では12日、ずしりと重みのあるアンコウが次々と姿を現し、ハマに冬の訪れを告げた。蛇浦漁協の大野兼司組合長は「今年はコロナで安値が心配だが、大漁に期待したい」と話した。

 蛇浦漁協所属の漁師木下清さん(40)は、8日に仕掛けた刺し網を12日に引き揚げた。漁解禁直後の11月上旬は例年、アンコウが網にかからないこともあるというが「今年はまずまずのスタート。水温がもっと低くなれば、アンコウが漁場に近づいてきて、水揚げも増えていく」と話した。漁協職員はこの日取れたアンコウの重さを1匹ずつ量り、木箱に詰めたり、生きたまま水槽に入れたり、出荷の準備を進めた。

 村によると、村内3漁協合計の漁獲量は直近5年間平均で56.3トンだったが、2018、19年は70トンを超え、回復傾向にある。村内の飲食店や宿泊施設では来月中旬からアンコウを使ったコース料理を楽しめる。

風間浦村

青森
風間浦の「大湯」「新湯」思い出写真求む
青森
風間浦村、下風呂温泉宿泊キャンペーン開始
青森
「新湯」「大湯」閉業へカウントダウンボード
青森
下北半島の「穴場」妄想旅行いかが/YouTubeで配信
青森
風間浦の産直施設「ふのりちゃん」にぎわう