中泊・宮越家公開を前にお菓子発売

宮越家の公開を記念して発売される「詩夢庵」

 大正時代の貴重なステンドグラスが残る青森県中泊町の旧家「宮越家」の11月の一般公開を前に、離れの名前にちなんだお菓子「詩夢庵(しむあん)」が17日に発売される。同町出身の一戸康彦さんが経営する洋菓子店アンジェリック(青森市)が開発。大正時代をイメージしながら、バターや練乳で現代風に仕立てた。柔らかな生地となめらかなミルク餡(あん)が特徴。パッケージには、詩夢庵の丸窓のステンドグラスをプリントした。

 詩夢庵は、1920(大正9)年に当主の正治氏が妻のイハさんのために建てたもので、今年築100年に当たる。

 16日、濱舘豊光中泊町長と一戸さんらが県庁を訪れ、三村申吾知事にPRした。濱舘町長は「(宮越家の)ストーリーとともに味わってほしい」と話した。

 一戸さんは取材に「正治さんが妻に食べさせたいお菓子は何か考えて作った。まずは地元の人に愛されるお菓子になってほしい」と語った。

 1個130円、1箱10個入りが1500円(いずれも税込み)。中泊町の特産直売所「ピュア」と青森市のアンジェリック青森店で販売する。

青森市

青森
無限に広がる青の世界 佐々木宏子さん個展
青森
ねぷた絵展示会26日から酸ケ湯で
青森
特別な便りは灯台ポストに 11月末まで設置/青森
青森
大型ねぶた、2年ぶりの台上げ/青森市
青森
青森の人工海浜「あおもり駅前ビーチ」利用開始