ジャンル多彩な古書 東奥日報新町ビルでフェア

東北の各古書店から集まった本や雑誌が並ぶフェア

 絶版や版元の品切れで手に入りにくくなった古書などをそろえた「アオモリ古書フェア」が24日、青森市の東奥日報新町ビル3階New’sホールで始まった。東北各地の古書店が持ち寄った文学や郷土史、漫画、アイドル、鉄道など幅広いジャンルの古本や雑誌が並び、愛好者たちを喜ばせている。9月22日まで。

 フェアには同市の「古書 思い出の歴史」や仙台市の「荒蝦夷(あらえみし)」など5店が参加。昨年終刊した「あおもり草子」のバックナンバーや、希少な田中忠三郎著「下北 忘れえぬ人びと」のほか、仙台市ゆかりの作家伊坂幸太郎さんのサイン入り本、昭和30~40年代の漫画本・貸本漫画などが並ぶ。期間中は古書を入れ替え、計2万冊が展示される予定。

 普段から古書店を訪れるという青森市の西澤克治さん(63)は「残念ながらお目当ての本はなかったが、価格が安いので何か見つけられればいいですね」と熱心に見入っていた。

 「古書 思い出の歴史」店主の今村拓志さんは「古書には新たな情報や発見もある。何げなく手に取った1冊から新しい出合いがあるかもしれない」と話していた。

青森市

青森
ねぶた師たちのアート、冬の青森で
青森
「笊石かぶ」収穫、伝統野菜復活へ一歩
青森
輝く山々 霜に映え/青森・田代高原
青森
JAL、青森県の食と観光を集中的発信へ
青森
中泊・宮越家公開を前にお菓子発売