五所川原初の農家レストラン開店

21日にオープンした五所川原市初の農家レストラン「わらふぁーむ」

 青森県五所川原市の農業木村明日香さん(37)が21日、同市初の農家レストラン「わらふぁーむ」を開店した。自家栽培の減農薬米や無農薬野菜、周辺農家の地場野菜などを使ったオーガニック料理を提供する。木村さんは「調味料も、みそは大豆から育てた手作りなので、新鮮な素材の味を楽しんで」と話している。

 木村さんは9年前、同市出身の夫と結婚し、その後、農業を営む夫の実家に移り住んだ。結婚前、神奈川県の飲食店で料理長を務めた経験を生かし、農家レストランの開業を決意。国の農業次世代人材投資事業制度を活用し、同市高瀬の県道沿いにコテージ風の店舗兼直売所を建設した。

 メニューは、季節野菜を用いた週替わりのワンプレート料理でランチのみ。21日はAランチが「みよし豆の豆腐ハンバーグと夏野菜のちらしずし」、Bランチは「エクアドル家庭料理の野菜カレー」に、それぞれマッシュビーツポテト、キヌアサラダ、漬物のセットを提供した。値段はA、Bランチとも800円(いずれも税抜き)。Aランチは和風、Bランチは多国籍風にし差別化するという。

 開店に合わせ、友人たちが工芸品や農産物加工品などのショップを出店して盛り上げた。木村さんは「いずれは子どもたちが農作物の収穫から調理、実食までできる農業体験の場にしたい」と抱負を語った。

 営業日は毎週金、土曜日の午前11時~午後3時。問い合わせは、warafarm@yahoo.co.jp。


21日にオープンした五所川原市初の農家レストラン「わらふぁーむ」

五所川原市

青森
ゆらゆら車内で美酒美味、津鉄の魅力を食で創出
青森
営業40年、五所川原の屋台そば店
青森
「丑」のオブジェ、神社に飾り付け
青森
冬の風物詩「ストーブ列車」運行始まる
青森
中泊の街、きらめく電飾アート