盛岡さんさ踊り(盛岡市)

盛岡さんさ踊り
 岩手県の名前の由来である三ツ石神社の鬼退治伝説が由来とされる。各地域で独自に受け継がれ、演目や踊り方、テンポも異なる伝統さんさ踊りを、各団体に共通する踊りや演目を分析して初心者でも踊りやすい「統合さんさ」として考案。1978年に盛岡川まつりから踊りのパレードを主体とした現在の盛岡さんさ踊りに移行、年を重ねるごとに参加者も増え発展してきた。和太鼓の同時演奏のギネス世界記録を持つ。開催は毎年8月1~4日。

盛岡市

岩手
盛岡さんさ踊りの観覧は県民限定 実行委、1日5千人を上限に
岩手
さんさ縮小開催の方向 盛岡で2年ぶり、観覧人数制限検討へ
岩手
盛岡シティマラソン開催へ 10月24日号砲実行委が方針
岩手
原敬の功績 大画面で 百回忌事業で盛岡の記念館、映像放映
岩手
チャグチャグ馬コ代替 分散開催へ 盛岡、滝沢、矢巾で6月12日