心弾む親子応援動画 紫波・保育士が制作、配信

オリジナルテーマソング「きっといいてんき」の収録現場
 紫波町紫波中央駅前の町子育て応援センターしわっせ(吉田真理所長)の保育士が、施設オリジナルテーマソング「きっといいてんき」の動画を制作した。手作り衣装をまとって歌と楽器演奏、演技で曲の世界観を表現した映像を18日から動画配信サイト・ユーチューブで配信。新型コロナウイルス感染症拡大の影響で31日まで閉所中だが、自宅で過ごす親子に楽しんでもらう。

 ともに保育士の坂下貴子さん(46)が作詞、園田綾子さん(44)が作曲した。園田さんが近所に集う子どもたちの姿からヒントを得てリズミカルな曲に仕上げ、坂下さんが「つまずいて転んだら一緒に傘を差そう」と、外出を自粛する親子らを応援する詞にした。

 収録は15日、同町紫波中央駅前のオガール広場で行われ、坂下さんが歌い、園田さんがキーボードを担当。ギターは町情報交流館に勤務する松本秀人さん(33)が担い、アヒルや猫などオリジナルキャラクターの姿を装った保育士たちが演技した。

 ユーチューブのしわっせ公式チャンネルで配信する。

紫波町

岩手
酒造文化に酔いしれて 紫波町で蔵巡りツアー
岩手
疫病退散、かかしパワー 産直・紫波ふる里センターでまつり
岩手
甘い秋 実りの秋 紫波町のブドウ園で収穫体験
岩手
33市町村の観光担当が選ぶ1冊 紫波町図書館で企画展示
岩手
陽光浴び緑つややか 紫波町でズッキーニ収穫最盛期