シバザクラかれんに 青森・高田バイパス

高田バイパスの沿道を彩るシバザクラ=12日午前、青森市荒川

 青森市の市街地と青森空港を結ぶ県道青森浪岡線・高田バイパスの沿道に咲くシバザクラ約9千株が見ごろを迎え、道行くドライバーらの目を楽しませている。

 シバザクラは県が2006年に植えた。12日は高架橋「スカイブリッジ」から荒川地区交差点付近までの約1.2キロにわたり、ピンク、白、紫などのかれんな花が風に揺れていた。

 近くの田んぼで農作業をしていた男性(45)は「毎年咲くのを楽しみにしている。きれいだね」と笑顔を見せた。沿道の並木などを管理する蓬田グリーン開発(同市)によると、花は例年並みの4月下旬ごろから咲きはじめ、今月いっぱいは楽しめるという。

 青森地方気象台によると、この日の県内は高気圧などの影響で、おおむね曇りや晴れとなった。

 青森市の最高気温は20度を下回ったが、三戸24.7度、弘前と平川・碇ケ関24.6度、鯵ケ沢24.4度など6月下旬~7月中旬並みの気温となった地点も多かった。

青森市

青森
青森県5美術館が連携 観光客にアートPR
青森
青森・合浦公園でスイレン見ごろ
青森
ラベンダー見ごろ 浪岡のアップルヒル
青森
陸奥湾青森沿岸マボヤの水揚げ本格化
青森
ゴマフアザラシ 名前は「ひかり」ちゃん