青森リンゴジュース専用自販機 弘前駅に登場

JR弘前駅構内に設置された「青森りんご」シリーズの自動販売機

 リンゴ産地の青森県を盛り上げようと、JR東日本ウォータービジネス(本社東京、竹内健治社長)は26日、県産リンゴ100%使用のリンゴジュース「青森りんご」シリーズのみを取り扱う自動販売機を弘前市のJR弘前駅構内に設置した。

 同シリーズは2010年に販売を開始。酸化防止剤を使わず、県農村工業農業協同組合(JAアオレン)の独自技術「密閉搾り」で製造している。同シリーズは今年1月末現在、累計で約3500万本を売り上げている。県内では17年3月にJR青森駅、新青森駅にも自動販売機を設置している。

 同社の担当者は「リンゴ生産量日本一の弘前で、多くの人にジュースを味わってほしい」と話している。同シリーズは1本(280ミリリットル)160円。

 また、同社は3月20日まで弘前駅の自動販売機のラッピングデザインをツイッターで公募する。応募、問い合わせは同社ツイッター公式アカウント(@acure_official)から。

弘前市

青森
弘前市が桜開花予想 ずばり4月12日!
青森
弘前さくらまつり中止/出店なし、照明あり
青森
「古津軽」7市町村の旅、ホームページ開設
青森
こぎん刺しで「私は花粉症」バッジ
青森
木のオブジェ弘前駅設置 りんご娘新曲MVで使用