九戸・六戸のへのへ交流 スキーやかんじき体験で親睦

歓声を上げ、そり滑りを楽しむ子どもたち
 九戸村と青森県六戸町の「戸(へ)の兄弟のまちスキー交流会」(村教委など主催)は25日、同村伊保内の村営くのへスキー場で開かれた。スキーやかんじき体験で親睦を深め、冬の村の魅力を満喫。雪不足で昨年度は中止となっており、2年ぶりに両町村の子どもたちの歓声が響いた。

 児童ら約60人が参加。スキーではレベルに合わせたコースで、講師の指導を受けながら特訓した。かんじき体験では深い雪に苦戦。声を掛け合って雪原を1歩ずつ進み、歓声を上げながら急な坂を勢いよく滑り降りた。

九戸村

岩手
地元おやつ 満載の一冊 二戸地域雇用創造協議会が冊子
岩手
県北の特産品、東京で発信 カシオペア連邦大博覧会
岩手
八戸道30年、節目華やか 軽米・折爪SAで記念行事
岩手
道の駅「おりつめ」・オドデ館(九戸村山屋)
岩手
折爪岳(二戸市福岡)