愛惜 べっぴんの湯 久慈・きょうから一時休止

べっぴんの湯の営業休止を惜しみつつ、入浴を楽しむ常連客ら
 源泉の湧出量が激減している久慈市山根町の新山根温泉べっぴんの湯は、1日から営業を一時休止する。30日は休止前最後の入浴を楽しむ人でにぎわった。施設を所有する市は原因を調べ、早期の再開を目指す方針だが、具体的なめどは立っていない。休業を惜しむ利用客や地元住民からは一日も早い再開を求める声が上がっている。

 営業終了間際の30日夜、多くの利用客が湯に漬かった。20年以上夫婦で通う同市栄町の内久保征一さん(75)は「今までは週2回だったが9月は週3回来た。ツルツルすべすべで湯冷めしない最高の湯」と絶賛。妻京子さん(72)は「友達もたくさんできた憩いの場。早く復活してほしい」と残念がる。

 「長い間お世話になりました」とフロントに声を掛けて帰路に就く常連客も。小野寺源広(もとひろ)支配人(59)は「皆さんに申し訳ないが苦渋の決断だ。いったん休むが、これまで以上に愛される施設として再開できれば」と目を潤ませた。

 山根町は約300人の住民が古くからの山村文化を守り育てており、同温泉は重要な拠点施設。同町で商店を営む山舘陽一さん(72)は「残念の一言。営業を休止せずに復活を目指してほしかった。影響は大きい」と語る。

 市は今後、源泉の井戸のくみ上げポンプが到達している約300メートルより深い部分を調査し、老朽化が進む施設改修の検討も進める。源泉枯渇の場合も公衆浴場として再開を目指す方針で、遠藤譲一市長は「専門家の意見も取り入れ、一日も早い再開に向けて取り組みを進める」と強調する。

久慈市

岩手
自慢の海鮮 初の朝市 久慈・大尻地区、あすから2日間
岩手
沿線待望 観光列車再開へ JR、久慈―八戸間24日から
岩手
「しらかば場所」成功誓い土俵入り 久慈で来月、闘牛大会
岩手
体験客、久慈で化石発見 背びれのとげ、国内初
岩手
タウン誌 愛され200号 「ダ・なす」表紙一新、のんさん特集