山車出陣 街華やぐ/おいらせ百石まつり

自主制作山車「江戸城無血開城目前 大奥 桜花宴 白日夢」と練り歩く、上新町組のメンバーたち

 青森県おいらせ町の「おいらせ百石まつり」(町観光協会主催)が20日夜の前夜祭で開幕。21日は本町商店街で「お通り」が行われ、八幡宮の神輿(みこし)に続き、華やかな山車が沿道の観衆を魅了した。23日まで。

 出陣した山車は昨年と同じく10台。このうち藤ケ森、上新町、大工町が自主制作した。3町内会とも、新元号令和への改元にちなんだ題材。藤ケ森町内会は、旧百石町に受け継がれた全ての郷土芸能を山車の人形で表現し、令和の時代へと続く町の歴史の奥深さを示した。

 上新町は、江戸-明治の時代の変わり目に江戸無血開城に貢献した大奥・天璋院(てんしょういん)篤姫(あつひめ)を取り上げ、令和が争いのない時代であるよう願いを込めた。

 郷土芸能の保存会も祭りを盛り上げた。日ケ久保虎舞は観衆に積極的に分け入って愛嬌(あいきょう)を振りまき、百石駒踊りは軽快なはやしに合わせ優雅に舞った。中日の22日は、初のクラシックカーパレードのほか、仮装行列パレード、県警音楽隊の演奏会などを行う。

おいらせ町

青森
LEDきらびやかずらり1万8千個/もとむらふれ愛公園
青森
「黒ごぼう茶」生協の復興ブランドで東北進出
青森
「おいらせ鮭まつり」が開幕
青森
青森県南の料理、スイーツがアスパムに集結
青森
【連載うまい森・味めぐり】地元米で仕込む「穂ノ泉」/おいらせ