むつ・田名部まつり「五車別れ」

来夏の再会を誓い合った「五車別れ」。まつりの熱気は最高潮に達した=20日午後11時16分

 下北地方最大の夏祭り・青森県むつ市の「田名部まつり」は最終日の20日、深夜の「五車別れ」で幕を閉じた。田名部五町の男衆が5台のヤマ(山車)の下に集い、酒を酌み交わして来夏の再会を誓った。

 豪川(ごうせん)組(横迎町)、義勇(ぎゆう)組(小川町)、共進(きょうしん)組(柳町)、明盛(みょうせい)組(本町・田名部町)、新盛(しんせい)組(新町)のヤマは、日中の合同運行「五町引き」で各町内を練り歩いた。ヤマに露払いされた道を神輿(みこし)が続き、家内安全や五穀豊穣(ほうじょう)を祈願した。

 夜になると、軽快なテンポの囃子(はやし)と「ヤマヤレ」の掛け声が街に響いた。午後10時すぎに田名部神社を後にした5台のヤマは、近くの交差点に集結。ヤマに囲まれた人垣の中心に、組頭や役員たちが順番に輪をなして、酒を酌み交わした。ヤマは1台、また1台と帰路へ。行く夏を惜しむように、まつりの音は日付が変わってからも鳴りやまなかった。

むつ市

青森
山車堂々 掛け声響く/田名部まつり開幕
青森
青森・2019夏■アイス&ソフトクリーム特集
青森
大湊ネブタ合同運行、12台出陣/むつ
青森
大輪とネブタ 華やかに/むつ・花火大会
青森
モノコック型バス むつの愛好家団体が走行企画