「どこから日本へ?」 弘前さくらまつりで質問ボード

住んでいる国の位置にシールを貼る観光客=22日午後、弘前公園

 青森県弘前市で開かれている弘前さくらまつり会場に設置されている「どこから来ましたかボード」。地図上で観光客の自宅がある場所にシールを貼ってもらうもので、国内のほか、ヨーロッパ、アフリカなどからも来園する人がいることが分かり、弘前の桜の人気が地図上からもうかがえる。

 ボードは園内二の丸の「ひろはこPRブース」内に市が19日に設置。市は当初2千枚のシールを用意していたが2日ほどで無くなり、急きょ追加したという。現在は約4千人が参加している。

 国内では、47都道府県全てにシールが貼られ、北東北や関東圏からの来園者が多い。国外では台湾など東アジアが多く、同じ場所に何枚も重ねて貼られているためシールが盛り上がった状態になっている。

 市国際広域観光課の加藤吉晃主事は「さくらまつりに来た記念に貼って帰る人が多いように感じる。さまざまな国からの観光客が多いことを実感しているし、客層やニーズを推し量る機会になるのでしっかり把握していきたい」と話している。


弘前市

青森
弘前で野外クラフト展
青森
弘前「山観」で33年ぶり本尊開帳、宵宮も
青森
頼清徳氏植樹のリンゴ「総統の樹」と命名
青森
弘前城の石垣積み直し最終年度がスタート
青森
「大森勝山」今年も魅力発信/弘前でガイドの会