ヤーヤドー 掛け合い響け/弘前ねぷた 1日開幕


 弘前ねぷたまつりが1日、青森県弘前市中心街で開幕する。昨年より18団体多い計64団体が参加。運行審査やフィナーレを彩る「なぬかびおくり」を再開するなど、コロナ禍前の体制に戻す。声を出しての応援も解禁され、4年ぶりに運行団体と観客による「ヤーヤドー」の掛け合いが響く祭りとなる。

 1~4日は「土手町コース」で、午後7時に弘前公園近くの桜大通りを出発し、一番町から土手町を経て上土手町十字路まで運行する。5、6日は「駅前コース」で、午後7時に代官町のみちのく銀行弘前営業部付近を出発し、弘前駅前経由で松森町ふれあい広場前十字路まで。

 最終日の7日(なぬかび)は、午前10時に松森町ふれあい広場前十字路を出発し、土手町通りを直進して下土手町十字路まで運行する。午後5時から、岩木川河川敷(茜橋付近)でなぬかびおくりを開催し、午後8時10分ごろ、ねぷたに火をつける。

 1~2日の審査日の運行団体は次の通り。

 【1日】青葉会ねぷた愛好会、愛心會、鬼沢ねぷた同好会、紺屋町ネプタ同好会、祭好会、境関町会・境関ねぷた愛好会、桜ケ丘ねぷた愛好会、昭和町ねぷた愛好会、樹木ねぷた愛好会、高杉ねぷた北友会、津軽衆、津軽ねぷた歴史研究会、津軽三響會、常盤坂子供会、童樂會、土手町ねぷた、東目屋地区ねぷた愛好会、弘前航空電子、弘前市医師会、弘前自衛隊ねぷた協力会、弘前市役所ねぷた実行委員会、弘前大学ねぷた実行委員会、弘前銀座街協会、弘前みなみ幼稚園、津軽弘桜会、本町ねぷた愛好会、宮園青山連合ねぷた愛好会、盟友會、清心会よつば保育園、令和ねぷた-皆-、弘前ネプタ愛好会、東奥義塾150周年記念ねぷた、津軽情っ張り大太鼓保存後援会

 【2日】青柳ねぷた愛好会、大浦為信侫武多會、大沢ねぷた愛好会、海遊会、堅田ネプタ愛好会、亀甲町町会、桔梗野ねぷた友の会、幻満舎、小沢ねぷた保存会、さくら組、茂森新町ねぷた同好会、茂森津軽ネプタ愛好会、下新町ねぷた愛好会、新寺町ねぷた愛好会、JR・駅前地区ねぷた愛好会、青藍会、津軽扇美会、相馬ねぷた愛好会、東日流ねぷた雅会、槌子ねぷた愛好会、独狐ねぷた愛好会、東豊福祉会、仲町子どもねぷた愛好会、西地区ねぷた親交会、ねぷた集団「がほんず」、ねぷたの荒魂、鼻和ねぷた子供会、東地区町会連合会ねぷた、弘前市役所ねぷた実行委員会、Hissatsuねぷた人、向外瀬ねぷた愛好会、ねぷた処たつ屋、津軽情っ張り大太鼓保存後援会

弘前市

青森
GOKANのアート楽しんで/フェス実行委が子ども向け鑑賞ガイド
青森
「津軽西海岸の石」テーマ 県外在住のアーティスト6組、オブジェや絵画など展示/弘前
青森
弘南鉄道大鰐線で金魚ねぷた列車スタート
青森
「金魚ねぷた列車」6日運行開始/弘南鉄道大鰐線
青森
ねぷた小屋公開、制作体験を/弘前駅前