弘南鉄道使ってリンゴの花摘み体験


 リンゴの一大産地・青森県弘前市の郊外で、リンゴの花が平年より10日以上も早く咲きそろい、見ごろを迎えている。リンゴ畑のそばを走ることから「りんご畑鉄道」とも呼ばれる弘南鉄道大鰐線の沿線では2日、花摘み作業の体験イベントが行われた。

 イベントの会場となった、石川駅(同市)近くの「ヒビノス林檎(りんご)園」では、黄色品種の「きおう」の花が満開。鉄道を利用して訪れた参加者は、同園の永井温子さん(31)のアドバイスのもと、リンゴの成長を願いながら、一部を残して白い花を手際よく摘み取っていた。

 花を摘み取るのは一つの実に多くの栄養を集めるため。穏やかな日差しを帯びながら、作業に精を出した同市国際交流員の李佳慧(りかけい)さん(27)=中国出身=は「リンゴの花がとてもきれい。摘み取るのも面白かった」と笑顔を見せた。

 リンゴ畑の風景を楽しんでもらおうと、大鰐線では毎年この時期、一部区間で減速運転している。花摘み・摘果作業のイベントは6月30日まで。津軽地域観光情報サイトで参加を受け付けている。

リンゴの花摘みを体験する参加者=弘前市石川のリンゴ園

弘南鉄道大鰐線の車窓からは、満開に咲いたリンゴの花を眺めることができる

弘前市

青森
GOKANのアート楽しんで/フェス実行委が子ども向け鑑賞ガイド
青森
「津軽西海岸の石」テーマ 県外在住のアーティスト6組、オブジェや絵画など展示/弘前
青森
弘南鉄道大鰐線で金魚ねぷた列車スタート
青森
「金魚ねぷた列車」6日運行開始/弘南鉄道大鰐線
青森
ねぷた小屋公開、制作体験を/弘前駅前