ロダンの「考える人」陸前高田に 名古屋市博物館が貸し出し

陸前高田市立博物館に展示の打診があったロダンの「考える人」(名古屋市博物館提供)
 陸前高田市立博物館(松坂泰盛館長)に、フランスの彫刻家ロダンの代表作「考える人」が展示される方向となった。収蔵する名古屋市博物館が大規模改修のため休館するのに伴い、東日本大震災後に友好協定を結んだ縁で貸し出しの打診があった。期間は今秋から3年間を予定。大型の「グランドモデル」は国内に4体しかなく、再建したばかりの博物館の目玉として注目を集めそうだ。

 名古屋市博物館によると、本体は高さ1・8メートル、重さ900キロ。1977年の開館当時に市民が購入し、市に寄贈した。公式の型から鋳造された大型のモデルは、国立西洋美術館(東京)など国内に4体しかない貴重なブロンズ像となる。

 陸前高田市立博物館への搬入が可能か図面での確認を進めており、今月中に現地調査する。貸し出しは無償。像は取り外し可能な台座と併せて10月以降、名古屋市の費用負担で陸送する見通しだ。

陸前高田市

岩手
まち歩きしながら学ぶ防災 陸前高田で「クエスト大作戦」
岩手
「尾」の缶詰、全国金賞 タイム缶詰、イワシの残る部位活用
岩手
陸前高田の金剛寺で遍路旅 敷地に「四国八十八カ所霊場」を整備
岩手
手作りのキャンドル30種類 陸前高田、世界各国の雑貨も
岩手
たかたのゆめちゃんに会えるよ 陸前高田、交流施設オープン