「尾」の缶詰、全国金賞 タイム缶詰、イワシの残る部位活用

日本缶詰大賞で金賞に輝いた「いわし尾肉缶」
 作り手のこだわりや国連の持続可能な開発目標(SDGs)への貢献などを審査する「未来の食卓アワード 日本缶詰大賞」で、陸前高田市矢作町のタイム缶詰(吉田和生社長)が製造する「いわし尾肉缶」が金賞に輝いた。缶詰製造時に残っていた尾の部位を有効活用した商品で、同社は「おいしさも評価されてうれしい」と喜ぶ。

 同大賞は未来の食卓(東京、山田まさる代表理事)が主催し、缶詰を製造する全国29社が72点を出品。缶詰博士や料亭の主人らが審査し、尾肉缶は「おさかな部門」でグランプリに次ぐ金賞に選ばれた。審査員からは「非常に脂がのっていて身もしまっている」などと高評価を得た。

 「尾肉缶」は1缶324円で、同市気仙町の道の駅高田松原で販売している。同社ホームページではセット商品を購入できる。問い合わせはタイム缶詰(0192・58・2105)へ。

陸前高田市

岩手
まち歩きしながら学ぶ防災 陸前高田で「クエスト大作戦」
岩手
ロダンの「考える人」陸前高田に 名古屋市博物館が貸し出し
岩手
陸前高田の金剛寺で遍路旅 敷地に「四国八十八カ所霊場」を整備
岩手
手作りのキャンドル30種類 陸前高田、世界各国の雑貨も
岩手
たかたのゆめちゃんに会えるよ 陸前高田、交流施設オープン