宿泊施設に飲食店 パーク・代官山オープン/むつ

現代的な空間へと生まれ変わった代官山公園。テラス席では食事を楽しむことができる

 青森県むつ市の代官山公園が、飲食スペースや宿泊施設を備えた現代的な空間「PARK DAIKANYAMA」(パーク・代官山)に生まれ変わった。管理・運営する「むつ不動産取引センター」の佐藤雄太社長は「街中にあるキャンプ場で異空間を味わってほしい」と話す。

 代官山公園の歴史は1660年代、盛岡藩の代官所が移転してきたことが始まりとされる。その後は学校や図書館があったが移転し、近年は、多くの人でにぎわう様子は見られなくなっていた。

 代官山公園に再びにぎわいを取り戻そうと、所有する市は、管理・運営する民間事業者を公募し、利便性や魅力の向上につなげる制度を活用。むつ不動産取引センターが認定された。

 園内には、トレーラーハウスやテントを使った有料の宿泊施設が5カ所(一部はペットと宿泊可能)、地元産の食材を使った料理などを提供する飲食店が3店ある。ドッグランやテラス席もあり、道具がなくても気軽にキャンプを体験できる「グランピング」を楽しんだり、ペットとゆっくり散歩したりと、それぞれの趣味や生活スタイルに合わせた過ごし方ができる。

 4月28日に行われたオープニングイベントを訪れた同市の大工谷川伸さん(44)は「散歩もできてご飯を食べるところもあって、雰囲気がとてもいい」と話し、家族と食事を楽しんでいた。佐藤社長は「地元の人が気軽に来られる公園として、下北観光のスタート地点として、利用してもらいたい」と語った。

有料で宿泊できるテントやトレーラーハウス。家具や電化製品が備え付けられている

むつ市

青森
清流覆う若葉のベール/むつ・川内川渓谷
青森
海峡サーモン 豪雨乗り越え水揚げ本格化
青森
「イルカいた!!」子供たち歓声/陸奥湾
青森
霊場「恐山」が山開き/むつ
青森
「桜ロード」見ごろ続く/むつ市大畑