多彩な「表情」楽しんで 秋田国際ダリア園

色とりどりのダリアが咲いている秋田国際ダリア園
 秋田市雄和の秋田国際ダリア園(鷲澤康二園長)で、約700品種7千株の色鮮やかなダリアが咲き、訪れる人を魅了している。



 現在は、最初に咲く「一番花」が終わって「二番花」が咲き始めており、園内約1・2ヘクタールを彩る。品種は「NAMAHAGEダリア」シリーズ、中央が黒い「黒蝶」など。黄色に茶色が混じった「ハニーキャラメル」や赤い「赤ずきん」など、個性的なネーミングの品種も植えられている。

 青空が広がり、少し汗ばむ陽気となった10日は家族連れなどが訪れ、観賞を楽しんでいた。娘と孫と来ていた能代市の阿波野絹子さん(80)は「約20年ぶりに来園した。よくここまで育てたなと思う。自分でもいろいろな品種のダリアを育ててみたい」と笑顔だった。

 今後は園内に写真スポットも設ける予定。鷲澤園長(42)は「品種ごとにさまざまな表情があるダリアを楽しんでほしい」と話している。

 11月3日まで無休。入園料400円(中学生以下無料)。開園は午前7時から日没まで。

秋田市

秋田
ちぎった折り紙で温かみある貼り絵 秋田市で18日まで展示
秋田
太平山登山道のテーブル新調 秋田大職員山の会、20年ぶり
秋田
ユニホーム、甲子園準優勝の盾… 県立博物館で球史企画展
秋田
古代の秋田人、災厄とどう向き合った? 秋田城跡から探る
秋田
メトロ屋上でBBQできる! 別館開業企画、10月3日まで