縄文の歴史に触れる土偶展 一関・せんまや街角資料館

縄文遺跡から出土した土偶や動物形土製品
 一関市の縄文時代の遺跡から出土した土偶を集めた「郷土の土偶」が同市千厩町のせんまや街角資料館で開かれている。

 千厩町の南小梨蛇王(みなみこなしじゃおう)遺跡、清田台遺跡、大東町の中野台遺跡、藤沢町の宇和田遺跡など主に東磐井から出土した土偶や動物形土製品数十点を展示している。

 午前9時~午後4時半、原則月曜休館。予約申し込みは同資料館(0191・51・3883)へ。

一関市

岩手
京津畑の花 見て味わう弁当 一関・やまあい工房、6月新作発売
岩手
残雪踏みしめ心軽やか 栗駒山山開き
岩手
流木の「命」生き生き 北上川流木館・川崎で展示を再開
岩手
懐かしの行事、再現チュ~ 一関・石と賢治のミュージアム
岩手
新作団子でおもてなし 栗駒茶屋、29日から営業