釜臥山展望台 輝く「アゲハ」半年ぶり

アゲハチョウのように輝くむつ市の夜景=5日午後7時45分、釜臥山展望台から撮影

 青森県むつ市の釜臥山展望台が4日、冬季閉館から約半年ぶりにオープンした。同日は朝からあいにくの雨だったが、翌5日は好天に恵まれ、訪れた人たちが、アゲハチョウのように輝くむつ市の夜景を楽しんだ。

 市街地の明かりがつき始め、羽を広げたアゲハチョウのような形の夜景が浮かび上がった。展望台を訪れた家族連れやカップルが「きれい」「すごい」と歓声を上げ、写真を撮っていた。

 釜臥山から望む、むつ市の夜景は2004年、日本夜景遺産事務局が「日本夜景遺産」に選定している。

 日中は陸奥湾、津軽海峡、太平洋の三方の海が見渡せる。晴れた日には北海道まで眺めることができる。遊歩道を登ると、標高約878メートルの山頂からの眺望が楽しめる。

 展望台の開館は11月3日まで。開館時間は午前8時半~午後9時半。遊歩道の利用時間は午前8時半~午後5時。いずれも利用は無料。

むつ市

青森
「下北の縄文」再発見フェア
青森
縄文カード100種類作製/県埋文センター
青森
夜景の見える確率は? むつ市に「予報士」誕生
青森
下北の海の幸「浜焼き」で むつ・名産センター
青森
3年ぶり、街に山車と囃子/田名部まつり開幕